ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

プロポリスとはなんだろう?

プロポリスとはなんだろう?



画像の説明

プロポリスとは一体となものでしょう。



外勤の働き蜂は、花の蜜や花粉を集めることが仕事ですが、
中にかぎらられた働き蜂が、樹木の若芽や樹の皮から
そのエキスう集めています。


外勤の蜂の約1%程がそれにあたります。


その働き蜂は、プロポリスのエキスパートというわけです。


キスを集めるとき、その働き蜂は、自分の唾液を樹液と混ぜて、
他の働き蜂が花粉を集めて持ち帰るときに使う、
花粉バスケットという後は市にあるくぼみにためます。


ネバネバした物質だけに、
巣の中でそれを待ち構えている内勤の働き蜂は、
ついに花粉バスケットからそれを剥がし、
次の作業に備えると言われています。


採集したエキスに混ぜるのは唾液ですが、
その中には、和解ミツバチなさかんに分泌する
パロチンというホルモン物質も含まれます。


外勤の働き蜂は年をとったといえ、
全く若いホルモンを分泌しなくなったわけではありません。


エキスにパロチンを少量混ぜ、さらにミツバチの体にある、
ロウ腺というところから分泌されるミツロウも混ぜます。


ミツロウは巣の建築素材の一つですが、
その中に蓄えられた花粉等もそのあと混ざり、
プロポリスが出来上がります。


プロポリスは、ネバネバした茶褐色の物質です。


ミツバチはこれを、巣の補強に使います。


雨漏りを防ぐ外壁のコーティング剤、
或いは老朽化して割れ目の出来た内壁を固める
セメントのようなものといえます。


巣は常に、大きな外からの力が加わらない限り、
頑丈さを維持していますが、それにはプロポリスの、
修復力が大いに関与をしています。


また、プロポリスの働きはまさにその名の通り、
その強力な殺菌作用がプロポリスの最大の特徴です。

ミツバチのコロニーは大集団です。


3万~5万匹、時にはそれ以上の集団を構成している
ミツバチの巣は、いつもひしめき合っていますから、
何だかの病原菌が発生しても、不思議ではありません。


巣の中心部には光も当たらず、
衛生状態はいかにも悪いかに思えます。


ところが、ミツバチの巣は全くの無菌状態です。


わずかなバクテリアは存在していますが、
種の保存にダメージを与えることではなく、極めて衛生的なのです。


ミツバチは、プロポリスですをコーティングすることによって、
病原菌の発生を防いでいるというわけです。


自然界にはも様々な次が潜んでいます。


大集団を営むミツバチにとって脅威となるのはおそらく、
秩序の崩壊です。


最近や伝染病等で集団の歯車が機能しなくなるそのことが、
最も恐れることだったのに、違いありません。


プロポリスはそうした状態を防ぐために、
天がミツバチに与えた恵だといえます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional