ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

ローヤルゼリーの副作用

ローヤルゼリーの副作用



画像の説明

ローヤルゼリーをサプリメントで摂った場合、

一般の使用では、健康上のトラブルや副作用が起こることは、

ほとんどありません。


「ローヤルゼリーを飲むことで副作用のようなものは無いのか?」

ということについて気になられる方も多いかと思います。


そこで、このページでは「ローヤルゼリーの副作用」という・・・

どちらかというと心配な部分についてお話させて頂きたいと思います。


さて、「副作用」についてお話する前に、

最初に1つだけお断りしておきたいことがあります。


副作用という言葉は、お薬に対して用いられる用語で、

「ある作用を期待して作った薬が、病気を治す代わりに、

体に違う障害を引き起こしてしまう」ことを意味します。


つまり,薬ではないローヤルゼリーには、副作用自体が存在しないということになります。


ですから、ローヤルゼリーを飲むことによって起こる悪い変化は、副作用ではなく、

「体調や体質によって起こる変化」ということになります。


それでは、具体的な点についてご説明させて頂きます。


ローヤルゼリーを飲まれる方で一番注意した方がよいことは、「アレルギー」です。


ローヤルゼリーは、蕎麦や小麦や卵と同様に、

「アレルギーが起こりやすい物質である」と言われています。


ローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれていますが、

これは天然の様々な花粉や蜜などから出来ています。


働き蜂が花粉や蜜を集める植物は多岐にわたりますので、

その分数多くの植物の成分が含まれていることになります。

ですから、当然アレルギーが出る可能性は高くなります。


アトピーや喘息をお持ちの方は、過敏反応を起こしやすいですので、

アレルギー反応を引き起こす可能性が高いと考えられます。


ですから、ご利用される前にお医者様に相談されることをおすすめします。


そして摂取する際にはまずは少量から摂取してみて、

異常が起こらないようであれば、少しずつ量を増やしてみるのがよいでしょう。


アレルギー以外には、「胃が少し重くなる」ということもあるようです。


これは、「空腹時に一気にサプリメントを飲む」ことが原因でないかと思われます。


サプリメントは薬ではありませんが、有用成分がぎっしりと詰まっていますから、

胃の弱い方にとっては負担になることもあるようです。


このような方の場合は、

「1日2回以上に分け、食後に飲んでいただく」ことでずいぶんと違ってくるようです。


ローヤルゼリーに含まれている成分は、

「アミノ酸」「ビタミン」「ミネラル」が主体ですから、

体に悪い影響が起こるということは、ありません。


体質によって起こる、上記の2点を注意して頂ければ、

より安心してご利用頂けることでしょう。


薬と健康食品は違います!


体調が整った、肌荒れに悩むことがなくなった!など、

ローヤルゼリーにプラスの力があるということは、副作用もつきものなのでは?・・・

これはローヤルゼリーに関してよく聞かれる質問です。


ローヤルゼリーに副作用が「ない」と言える理由として、

ローヤルゼリーが薬ではなく健康補助食品として流通しているという事実が挙げられます。


「重篤な副作用の心配がない」と国に認められているからこそ、

野菜や肉・魚などの食品と同様に、

誰もがお店やネット通販で購入できるようになっているのです。


お薬と言うのは、体に何らかの効果があるものです。


病気を治すために化学的に合成された物質ですから、

効果が強い反面、副作用が起こると言うリスクがあります。


これに対して健康補助食品は、天然の成分を抽出したものです。


何らかの効果を出すために化学的に合成したものではなく、

「体によいと言われ、成果のある成分」を自然界からそのまま持ってきて、

カプセルに配合しているのです。


即効性はありませんが、継続することで時間をかけて体にしみわたり、

体に良い変化を引き起こします。


ゆっくりと体に働き掛けるので、副作用もないのです。


  • こんな人は要注意

アトピー性皮膚炎や喘息の人が、

ローヤルゼリーを摂ると、

アレルギー性の副作用が起こることがあります。

症状としては、じんましん、湿疹、結膜炎、鼻漏、

呼吸困難、胃腸障害などがあります。



特にローヤルゼリーの摂取で、皮膚に副作用が起きると、

アトピー性皮膚炎を悪化させる可能性があるので、注意が必要です。


  • 女性の場合の注意点

健康な女性がローヤルゼリーを約4週間、摂取した結果、

出血性の下痢や出血性の大腸炎が、起きたという報告もあります。


ローヤルゼリーの摂取を中止すれば、数週間でほとんど完治します。


 念のためにローヤルゼリーを控えたほうがいいと思われる人



アレルギー体質の人は、念のためにローヤルゼリーの摂取を避けるか、
少量から始めるのが良いでしょう。

授乳中や妊娠中の女性、あるいは子供の場合も、

わずかながら副作用の例があるので、

摂取を避けたほうがよいでしょう。

女性の場合は、ローヤルゼリーによって、

黄体ホルモンの分泌に影響があります。


注意が必要な人

アレルギー体質の人、妊娠中や授乳中の女性、幼い子供


● ローヤルゼリーの購入をお考えの方へ、

  ローヤルゼリーのランキングをご覧ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional