ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

ローヤルゼリーの効能(更年期)

ローヤルゼリーの効能(更年期)


画像の説明

ローヤルゼリーと更年期について


更年期症の症状は、更年期にはまだまだ遠い若い女性でも、

ある程度は想像できそうです。

するというのは、生理期の症状によく似ているものが、

長く続くだけのことが多いからです。



生理から生理までの期間の前半はいわゆる低温期ですが、

このときと、体温上昇期までに、しばしば見られる更年期症状があります。

「目の疲れ、目の痛み、目まい、吐き気、筋肉痛」


なぜ、この時期に眼科症状が現れるのかは良く解っていません。

眼球にも血管があり、瞳孔ありですから、

それを支配する自律神経のあることもいうまでもないことです。

瞳孔の大きさはカメラの絞りのようなものですが、

これが自律神経の刺激のよって散大したり、

縮小したりするのですから、

やはり、このあたりの神経が変化するのではないでしょうか。


「しびれ、冷感、頻尿」


しびれは、閉経期だけでなく、思春期に多く、

発生率からいうと、むしろ閉経期前の女性に多いようです。



冷感は、反対に閉経期前の女性より思春期に少ないものです。



腰や手足が冷えるのは、血管が収縮して血液の流れが悪くなれば、

冷えると感じます。

その時、血管の直径を支配している自律神経の中枢を

ローヤルゼリーで助けてあげさえすれば、

血管の太さは元通り回復しますから、

冷え性の感じは消えてしまいます。


頻尿というのは、排尿したい感じが頻繁に起こるもので、

トイレに行っても、その都度排尿があるわけではありません。



女性の尿道は男性より短いので、もともと外部から細菌が膀胱に入って、

膀胱炎を起こしやすいことも手伝って、膀胱炎になりやすく、

膀胱炎とは無関係な過敏状態が自律神経失調症の影響によって起こるものです。


「便秘」


更年期症のこの時期は、

体内で黄体ホルモンが分泌されているわけですが、

便秘が頻繁するようになって、これは次の月経期にまで持ち越します。

便秘が起こるようになると、月経が近づくことを、

自然に感じるという女性も珍しくありません。



これは、腸の働きが少し減ってくるためで、

それも自律神経の働き全体が弱まってくる証拠です。



従って、ローヤルゼリーが良く、便通を付けてくれるように働くのが、

一番よくわかる時期でもあります。


どれをとっても更年期の症状は辛いものばかりです。

そのうちでも特に腰痛はいかにも更年期を意味するようで、

女性はいっそう暗くなりがちです。

そんな時こそ、

ローヤルゼリーをしっかり飲んでもらって一日も早く、

健康になってもらいたいです。


● ローヤルゼリーの購入をお考えの方へ、

  ぜひ、ローヤルゼリーのランキングをご覧ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional