ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

ローヤルゼリーの効能(自律神経)

ローヤルゼリーの効能(自律神経)



画像の説明

ローヤルゼリーと自律神経について



ローヤルゼリーの最大の効果は、

自律神経調整作用になるといっていいでしょう。

自律神経にどのような作用があるかを、

イメージできる人は少ないかもしれません。

自律神経は、自分の意思では働かせない神経です。

逆に言えば、意志を伝えなくても身体が勝手に働いてくれる神経のことです。

体中に網飲めないように張り巡らされた回路のようなもので、

最も基本的な生命を維持するという形を持っています。



つまり、体内の器官がそれぞれの役割を

正常に機能させるよに働いている神経が、自律神経です。



この自律神経をコントロールしているのが、「間脳」です。


間脳は、「視床」と「視床下部」に分かれ、

視床は体の各部位から送られてくる情報を大脳に伝えます。



一方、視床下部は神経を強制する役目をになっています。



自律神経失調症という病名を聞いたことがあると思います。



「頭が痛い」「肩が凝る」「何となくだるい」

「疲れやすい」「ときどきめまいがする」など、

たいてい病名のはっきりしない不定愁訴として現れます。



こうした状態をつくり出しているのが、「間脳」の狂いなのです。

その間脳は、年齢とともに機能が低下してくることがわかっています。

その始まりは早く、25歳前後だと言われています。

よくお肌の曲がり角等と言われていますが、

皮膚の衰えも間脳の機能低下に関与しているとすれば、

まさに衰え始める時期の一致は偶然ではないということになります。


● ローヤルゼリーの購入をお考えの方へ、

  ローヤルゼリーのランキングをご覧ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional