ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

ローヤルゼリーの女性ホルモンの副作用

ローヤルゼリーの女性ホルモンの副作用



画像の説明

女性が更年期に差し掛かってくると、

個人差もあるけれど、性交が弱くなります。


中には反対に強くなって仕方がない人もいますけど

それは、特異体質か得意環境のせいですから、

ここでは改めて取り上げません。


女性の性欲減退を回復させるためには、卵胞ホルモンを使用します。


いわば更年期障害、老人性膣炎の治療剤として対照的なものです。


体質体調に合致することと文字どおり、みずみずしくなっていきます。


しかし、卵胞ホルモンにも残念ながら副作用がありますから、

決して手放しで使える薬剤ではありません。


第一の心配は乳癌、子宮癌、膣がんなど、

あらゆる女性性器癌を誘発しかねないという点です。


どういうものか、性ホルモンは余分に補給されると、

発癌ウイルスが目を覚まして全く癌の気がなかったのに、

いつの間にか癌細胞が発生してきたかと思うと

急にメキメキ増殖してしまいます。


卵胞ホルモンのその他の種用として忘れてはならないものは、

血栓性静脈炎を堀起こす恐れがあることです。


中年女性のふくらはぎを見ると、静脈がルイルイと蛇行して、

ひどくなると痛くて歩けないようになりますが、

あの静脈瘤に血栓症が合併しようものなら、

外科的に静脈切除摘出手術まで受けなければならないから大変です。


また、卵胞ホルモンは、肝、腎、心臓の弱い人、

子宮筋腫が潜んでいる人にも、使えなくいことが多く、

それを知らずに使うと、いっぺんにそれらが

悪化進行することがあるようです。


卵胞ホルモンを使い出すと、

子宮の不正出血が発生することもあります。


● ローヤルゼリーの購入をお考えの方へ、

  ローヤルゼリーのランキングをご覧ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional