ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

ローヤルゼリーの製造法と歴史

ローヤルゼリーの製造法と歴史


ローヤルゼリーは、働き蜂であるミツバチが花粉や蜂蜜を食べ、

体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や

大腮腺から分泌する物質である事が解りました。


しかし、ローヤルゼリーは一つの巣から

純粋なものだけを取り出そうとすれば、

ごくごくわずかな量しか採取することはできません。


しかも嬢王蜂が育てられるのは産卵期だけを迎える

1年にたった15日間だけです。


これではどんなに世界中が熱い視線を送ったとしても、

供給量は、極めて限られたものです。


当然値段も高価なものにならざるを得ません。


薄めてドリンク剤に混ぜるしかなかったのかもしれません。


日本で最初、ローヤルゼリーが、

それ程高い評価を得なかったのには、

こうした経緯があったのです。


ただし、リシー博士をはじめとして、

ローヤルゼリーの力を確信する研究者の間では、

着々と解明が進んでいきました。


● ローヤルゼリーの購入をお考えの方へ

  ローヤルゼリーのランキングをご覧ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional