ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

ローヤルゼリーは国内産か?中国産か?

ローヤルゼリーは国内産か?中国産か?



<中国産ローヤルゼリー>



日本では、年間524万トンのローヤルゼリーが消費されていますが、
そのうち、90%は中国からの収入です。


日本国内で生産されているのは約1%に過ぎません。


国内産と中国産では、どちらの方が良いのか。


利用者としてはとても気になるところですが、
簡単に判断することはできません。



国内で生産されたものは、新鮮なローヤルゼリーが、
短時日で、消費者の手元に届くというメリットがあります。


それに対し、中国産の業者は、凍結乾燥が支流の今日、数日は問題がない。


それよりも沢山の人手をかけた中国産だから、
良質なローヤルゼリーを大量に生産出来る。


高品質なローヤルゼリーを安価で提供出来る。と反論しています。


消費されるローヤルゼリーの90%が中国からの輸入になります。


中国ローヤルゼリーの事情を見ておくことは無駄にはなりません。


ミツバチが蜜や花粉を集めているのは、半径3.7キロの範囲と言われます。


沢山の花に囲まれた環境なら、それは数100mに縮まるり、
森や林が多い地域では6キロ前後です。


近くまでは、蜜が調達できないような場所になると、
10キロも離れたところまで探しに出かけることもあるようです。


あの小さな体で、それだけの距離を飛ぶミツバチの
生命力はなかなかの物です。


ミツバチの立場からすれば、開発が過剰に進み、
資源の少なくなった日本は必ずしも済み心地のいい土地ではありません。


まだ開発の手が入らない、自然がふんだんに残る中国は、
少なくともミツバチにとっては好ましい環境のように思えます。


● ローヤルゼリーのご購入をお考えの方へ!!

  ぜひ、ご参考にローヤルゼリーのランキングをご覧ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional