ローヤルゼリーの効果・効能・更年期障害・副作用・口コミなど、ローヤルゼリーを知りたいにお応えするローヤルゼリー情報サイト

人口王台の発明

人口王台の発明


研究の中でも、ローヤルゼリーの大量採取に貢献したのが、

「人口王台」の研究は画期的なものでした。


「王台」とは、次世代の嬢王蜂を育てる産室です。


働き蜂の中の教育係を担当するミツバチは、

その場所にさらにローヤルゼリーを分泌します。


他の蜂のローヤルゼリーを3日間与えられた後、

ミツバチと花粉に食事が切り替わるのに対して、

嬢王蜂になる蜂にはずっとローヤルゼリーが与えられます。


育児係の蜂は、産室の形で見分けて

ローヤルゼリーを分泌します。


そうした習性も嬢王蜂がいるからこそのものです。


もしその中に嬢王蜂がなくなったら、

それはすなわち巣の解体を意味しています。


それを知っている働き蜂たちは、

嬢王蜂を育てることに必死になります。


ローヤルゼリーを盛んに分泌し、巣の解体を防ごうとするのです。


この習性を利用したのが「人口王台」です。


嬢王蜂になる。卵が生み落とすのと同じ形の産室を作り、

嬢王蜂のいない状態を巣の中に作って働き蜂たちの

ローヤルゼリーの分泌を促すのです。


1g ローヤルゼリーを採取するのには15万匹もの働き蜂が

必用と言われていますが、人口王台の発明によって、

その量は格段に増えたのです。


この発明によって、ローマ法王ピオ12世に起こった奇跡は、

一般化する可能性が大きく広がり、ローヤルゼリーの研究は、

薬理学会にも、医学的側面からも本格的に進んでいきました。


● ローヤルゼリーの購入をお考えの方へ

  ローヤルゼリーのランキングをご覧ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional